ステークホルダーとの関わり

多彩なサポートで築く連携と信頼

取引企業との情報共有やコミュニケーションの場を定期的に設け、相互の発展に努めています。
職場においては、ダイバーシティやワークライフバランスを考慮した職場整備をはじめ、ワークスタイル変革も進行中です。