内定者の声

VOICES 2020 of prospective employee

内定者からキミたちへのメッセージ

2019年春に当社に入社予定のみなさんにアンケートをとりました。
企業を選ぶ上で重視したポイントやコベルコ建機に入社を決めた理由、採用活動の中で印象に残ったことなどを聞いてみました。
ぜひあなたの就職活動の参考にしてください。

QESTION1

入社を決めるにあたり重視したポイントは?

QESTION2

コベルコ建機への入社の決め手は何ですか?

面接で私のことを
本質的に捉えようと
してくれました。

他社の面接では、どうやって逆境を乗り越えたかという「方法」と「結果」が問われる表面的な分析が多かったが、コベルコ建機の面接では、逆境や問題に対してどのように「考え」、どのような「影響」を組織にもたらしたのかが問われた。単に個人に対しての評価だけではなく、組織の一員としての役割や意識を評価して頂けた面接にとても好感を持った。 (国際関係学部 国際関係学科 Y.E.)
  • 選考を通じて社員の方々の人柄の良さを感じた。オフィス見学や工場見学など会社の様子も実際に見ることができたので、安心して入社を決めることができた。 人間社会学部
    教育学科 S.N.

  • 大学の共同研究やインターンシップを通じて、建設機械に興味を持ち、より良い機械の開発に携わりたいと思ったから。 工学研究科 M.R.

  • 夏季のインターンシップで、社内の雰囲気の良さを強く感じられたこと。また、コベルコ建機の重機が災害復興現場で動いているのを見て、社会の役に立つ仕事であると実感できたこと。 システム工学群 O.S.

  • インターンシップで実際に先輩社員の方々と働いてみて、建設機械に携わるやりがいや、年齢や部署を超えて意見を言い合える風通しの良さを肌で感じることができたため。 工学研究科
    総合工学専攻
    機械工学コース I.Y.

他にもこんな声が聞けました
  • 海外へ挑戦できる業界であり、またその環境が整っていると感じたため。(発達科学部 人間環境学科 K.K.)
  • 大学との共同研究を通して、建設機械の今後を見据えた研究・開発に力を入れていることが感じられた。(工学研究科 A.M.)
  • 業務時間の管理や福利厚生の充実など、社員を大切にしている社風を感じられたこと。(工学研究科 機械システム工学専攻 F.S.)
  • OBの方と仕事や働き方についてお話しする機会があり、「会社も好きで仕事が楽しい」と聞き、そんな風に感じながら働けることに魅力を感じた点。(先端技術科学教育部S.N.)
  • インターンシップの部門実習で業務の様子を拝見したり、職場の雰囲気を直に感じたり、ジョブローテーションや研修についての説明を受けたりする中で、成長しながら仕事をしていく自分のイメージを持つことができた。(機械知能工学専攻 I.R.)
  • 環境性能の高い製品開発に強みがあり、今後、排ガス規制などがより強まっていく可能性から将来性を感じた。また、福利厚生がしっかりしていて、生活面に不安を感じずに働けると思ったため。(理工学研究科 機械工学専攻 I.H.)
  • ユーザーを大事にしている姿勢。(先端技術科学教育部 N.S.)
  • 独自の技術力を活かした製品を作っていること。(機械工学科 K.T.)
  • 選考に関わっていただいた方々の人柄と雰囲気。(知的財産研究科 I.S.)
  • 工場見学の際に見た製品のスケールの大きさや、座談会等でお会いした社員の方々の雰囲気。(工学研究科 H.K.)
QESTION3

コベルコ建機の採用活動、良かったところは?

面接では
話し易い雰囲気を
作って頂きました。

選考スケジュールについて、電話とメールの両方で連絡があり、安心感があった。たくさんの先輩方がOB訪問に来て下さったことも、とても心強かった。面接では、こちらが話し易い雰囲気を作ってくれていると感じた。 (機械知能工学専攻 I.R.)
  • 海外から就職活動に臨んでいたので、実際に足を運べなくても選考のルートに乗れるWeb説明会+テストのシステムはとても有難かった。面接の雰囲気もとても良かった。 政治経済学部
    政治学科 A.I.

  • 選考過程で待たされることが少なく、不安を感じる時間が少なかった。また、面接前の控室での人事の方との会話で緊張がほぐれ、その後の面接がうまくできた。 理工学研究科
    機械工学専攻 I.H.

  • 面接していただいた社員の方々の雰囲気が柔らかく、落ちついて会話ができたこと。 持続性社会創生
    科学研究科 工学専攻
    機械宇宙工学コース
    F.S.

  • 面接会場や待機場所までの案内が丁寧で、スムーズな移動ができたところ。 工学研究科
    機械システム工学専攻
    T.S.

他にもこんな声が聞けました
  • 面接日の調整がつかず困っていたところ、後日別の場所で面接を受ける機会をいただけたこと。(経営学部 経営学科 I.R.)
  • 合否の連絡が早かったこと。また、その際に自分の良いところを指摘していただき、とても励みになった。(発達科学部 人間環境学科 K.K.)
  • リクルーターの方が親身になって相談に乗ってくれたところ。(経営学部 経営学科 W.S.)
  • 選考の間に広島と大久保の工場見学の機会を設けてくれた。(工学研究科 H.K.)
  • 学生のいいところを引き出してくれるような雰囲気の面接が良かった。(工学部 機械工学科 M.Y.)
  • 工場見学などで行われる先輩社員座談会で先輩社員の方々に親身に質問に答えてもらえた。(工学研究科 総合工学専攻 機械工学コース I.Y.)
  • 面接結果の連絡がとても早かったこと。(経済学部 A.T.)
  • 面接が始まってからの流れがとてもスムーズだった。(工学研究科 Y.M.)
  • 分からないことや相談したいことがある時、気軽に採用担当の方に聞くことができた。(工学研究科 A.M.)
  • 人柄を重視し、選んでいただいたところ。(システム工学群 O.S.)

内定式・懇親会の様子

「人」を知る