ラフテレーンクレーン『LYNX160』の販売開始について

2017年6月22日
コベルコ建機株式会社

~安全性と作業領域の広さを誇る、ハイパワーのラフテレーンクレーン~

 コベルコ建機株式会社(本社:東京都品川区、社長:楢木 一秀、以下:コベルコ建機)は、ラフテレーンクレーン『LYNX160(最大つり上げ能力16トン)』(型式:RK160-8)を2017年7月1日より国内向けに販売を開始いたします。

販売概要

機種名 LYNX160
型式 RK160-8
最大つり上げ能力 16t × 3.0m
エンジン 名称 カミンズ QSB6.7-4C
最大出力 175kW/2,300min-1
販売価格(税抜) 39,000千円
年間販売目標台数 10台
販売開始時期 2017年7月1日

※販売価格はクレーン基本仕様の価格です。

 今回販売する機種は、最新のディーゼル特殊自動車2014年排出ガス規制適合エンジンを搭載するとともに、さらなる安全性と省スペースでの作業を可能としました。さらに安全走行をアシストする機能やセットアップラジコンを新たに設定しております。

 コベルコ建機は、これからもお客様のニーズに応えるべく、ホイールクレーンの一層の充実に努め、お客様の期待に応えて参ります。

『LYNX160』の主な特長

1) 『セットアップラジコン』※1 の採用

  • 周囲の状況を確認しながら、安全で効率的なワンマンオペレーションを可能とする『セットアップラジコン』を採用しました。手元のラジコン操作で、アウトリガの張出・格納、フックイン、ジブの装着・格納といった作業準備や格納作業がおこなえます。

2) 『2段パワーチルトジブ』を採用し、作業効率を向上

  • 従来の1段スタンダードジブから2段パワーチルトジブを採用。ジブチルトも従来の45°から60°に拡大し、高揚程作業の効率化を実現しました。

3) キャブデザインを刷新し、操作性の向上と作業効率をアップ

  • 大型マルチファンクションディスプレイを採用、10.4インチカラータッチパネルにクレーンの作業情報や、各種操作設定の機能を集約することで、作業効率を高めました。さらに感圧式タッチパネルの採用により、手袋をした状態でも操作可能となりました。
  • 操作レバーに電気式操作システムを採用し、これまでにないフィット感のある操作性を実現しました。旋回・ブーム起伏・ジブチルトの操作速度をそれぞれ5段階に設定可能で、オペレータのフィーリングに合わせた操作が可能となります。
  • インパネの形状や高さ、ガラス面の角度を変更し、運転席からの視認性を向上しました。

4) 『リンクスビューシステム』※2 が安全走行をアシスト

  • 俯瞰映像表示装置『ワイドサイトビュー』を搭載し、クレーンを上から見たような映像を大型カラーディスプレイに表示、周囲の状況把握や安全確認をサポートします。また、人物検知警報装置『ヒューマンアラートシステム』は、運転席から確認しづらい車両左側面の歩行者や、自転車などに乗った人物を検知し、ブザーでお知らせします。

5) 環境に配慮した様々な機能

  • ディーゼル特殊自動車2014年排出ガス規制に対応。
  • 『燃料消費モニタ』や『エコモード』、ならびに油圧ポンプ吐出量を効率よくコントロールする『ポジティブ・コントロール』といった、環境に配慮した機能を搭載いたしました。
  • ※1 セットアップラジコンでのクレーン操作は、アウトリガの張出・格納、フックイン、ジブの装着・格納のみに使用してください。クレーン作業には使用できません。
  • ※2 リンクスビューシステムは、様々な機能によって運転者の安全な走行をアシストする運転支援システムですが、悪天候下や夜間等、外部環境によって十分に機能しない場合があります。

667

『LYNX160』

『LYNX160』製品詳細ページ

*記載されている情報は発表時のもので、予告なしに変更される場合があります。

以上