事業拠点の再編・統廃合について

2016年12月6日
コベルコ建機株式会社

 コベルコ建機株式会社(東京本社:東京都品川区、社長:楢木 一秀)は、本年4月1日におこなったコベルコクレーン株式会社との経営統合に伴い、国内外の事業拠点の再編・統廃合をおこなってまいります。
 今回、事業拠点の再編・統廃合の第一弾として以下の通り、海外現地法人の新設・統合をおこないます。コベルコクレーン株式会社との経営統合による経営の効率化、製品開発力の強化、グローバル展開の強化といった効果を最大限に発揮するため、国内外の事業拠点の再編・統廃合を今後も順次進めていく計画です。

<海外事業拠点の再編・統廃合第一弾>

1.中東・アフリカ地域

 中東・アフリカ地域での販売を拡大するため、販売とアフターサービスをおこなう会社をアラブ首長国連邦(U.A.E.)ドバイに設立いたしました。設立した会社は、中東・アフリカ地域における油圧ショベルならびにクローラクレーンの販売・アフターサービス機能を有します。
 従来、当社はショベル事業に関してはバーレーンに設置した駐在員事務所で、クレーン事業においてはU.A.E.のシャルジャ(ドバイの隣の⾸⻑国)にある現地法人Kobelco Cranes Middle East FZE.でそれぞれ事業を行ってまいりました。今回、現地での事業運営を一本化することで中東・アフリカ地域での販売と、販売代理店網・アフターサービス網の整備・強化を通じ、強固な現地販売ネットワークを構築します。
 なお、クレーン事業をおこなっていたU.A.E.のシャルジャにある現地法人Kobelco Cranes Middle East FZE.は清算する予定です。

会社の概要

商号

Kobelco Construction Machinery Middle East & Africa FZCO.

本店所在地

アラブ首長国連邦(U.A.E.)ドバイ

資本金

800万U.A.Eディルハム(日本円で約232百万円)

株主 コベルコ建機株式会社100%
目的 中東・アフリカにおける建設機械の販売・サービス
設立

2016年10月1日

従業員数 当初11名
営業開始

2016年11月1日

2.米州地域

 米州地域での事業の効率化、グローバル展開の強化を目的に、現在アメリカに2つある現地法人を統合いたします。統合後の会社は、米州地域における油圧ショベルの製造・販売および販売代理店の統括、ならびにクローラクレーンの販売および販売代理店を統括する機能を有します。
 従来、当社はショベル事業に関しては米国テキサス州ケイティ市に本社を持つ現地法人Kobelco Construction Machinery U.S.A. Inc. (以下、KCMU)が、クレーン事業においては米国テキサス州ヒューストンにある現地法人Kobelco Cranes North America Inc.が事業を行ってまいりましたが、現地法人の事業効率化と最適な事業運営を検討した結果、現地での事業運営をKCMUを母体とし一法人化することで、米州地域での販売及び販売代理店網・アフターサービス網を整備・強化し、当社の現地販売ネットワークのさらなる強化を目指します。

統合後の会社概要

商号

Kobelco Construction Machinery U.S.A. Inc.

本店所在地

米国テキサス州ケイティ市

資本金

2,300USドル

株主 コベルコ建機株式会社100%
目的 米州における建設機械の製造、販売・サービス
設立

2001年7月2日

従業員数 146名(予定)
営業開始

2017年1月1日

<参考>
2015年12月21日付 統合発表ニュースリリース
「コベルコ建機株式会社とコベルコクレーン株式会社の経営統合(合併)について」

以上

*記載されている情報は発表時のもので、予告なしに変更される場合があります。