<お知らせ>北米油圧ショベル新工場 開所式の実施について

2016年6月6日
コベルコ建機株式会社

 コベルコ建機株式会社(本社:東京都品川区、社長:楢木一秀)の米国子会社であるコベルコ コンストラクション マシナリー ユー・エス・エー(社長:森田克彦、以下KCMU)は、6月2日(現地時間)、米国 サウスカロライナ州 スパータンバーグ郡に建設した油圧ショベル新工場の開所式を執り行いました。
 開所式には、在アトランタ日本国総領事 篠塚隆様、サウスカロライナ州商務局副長官 Ms. Jennifer Noel、サウスカロライナ州商務局 Mr. Tony Allen、スパータンバーグ郡議会経済開発委員会議長 Mr. David Britt、株式会社神戸製鋼所 佐藤廣士取締役前会長、他関係者様、地元日系企業様、コベルコ建機グループからコベルコ建機 楢木一秀社長、KCMU 森田克彦社長、および北米工場関係者など約130名が出席しました。

 楢木社長は、今回の北米新工場の建設にあたり、サウスカロライナ州政府やスパータンバーグ郡、そして工場のあるムーア市より温かい歓迎と素晴らしいサポートを受けたことに感謝の意を評し、「コベルコ建機の北米工場を、この素晴らしい場所に建設することができて大変光栄です。我々の北米での事業が、微力ながらサウスカロライナ州並びに米国の産業発展の一助になることを期待している」と挨拶しました。

 サウスカロライナ州スパータンバーグ郡に完成した北米新工場では、既に2016年3月より操業を開始しておりましたが、この度の開所式を経て本格稼働を開始しました。生産は、米国市場で最も需要が多く、燃費性能に優れた20トンクラスのショベルからおこなっており、徐々に生産台数と生産メニューを増やしていく予定です。新工場では、日本で取り組んでいる生産性向上活動を積極的に展開し、ものづくり力を生かした競争力のある製品づくりを目指します。

 コベルコ建機グループは、中期経営計画(2016~2020年度)の中で、「欧米と次なる成長エリアでのプレゼンスを高め、世界におけるグローバルショベルメーカーとしての存在感を確立する」という方針を掲げています。その中で北米は「攻める市場」と位置付け、シェア拡大による確固たるブランド及び地位確立に向け、積極的な取り組みを進めてまいります。今回の北米工場本格稼働により、北米ユーザー向けの生産リードタイムの短縮、市場ニーズへの対応力がさらに強化されるとともに、クロスソーシングが拡大し、グループ全体での最適生産体制構築が可能となりました。

『コベルコ コンストラクション マシナリー ユー・エス・エー』(略称 KCMU)の概要

社名

コベルコ コンストラクション マシナリー ユー・エス・エー
Kobelco Construction Machinery U.S.A. Inc.(英文名)

所在地

本社:米国 テキサス州 ケイティ市
北米工場:米国 サウスカロライナ州 スパータンバーグ郡

代表者 森田 克彦(もりた かつひこ)
資本金 2,300$
出資比率 コベルコ建機100%
操業開始 2016年3月
事業内容 北中南米における油圧ショベルの生産、建設機械の販売・サービス
従業員数

本社(ケイティ市):77名、北米工場(スパータンバーグ郡):42名
(2016年6月1日現在)

北米工場の概要

面積

敷地面積:約31万㎡(76エーカー)
建屋面積:<工場 棟>約14,500㎡(156,000square feet)
               <事務所棟>約1,600㎡(17,000square feet)

生産能力

1,800台/年

生産品目 20トン機より量産開始(2020年までに順次メニュ-を拡大していく計画です。)

コベルコ建機 楢木社長 挨拶

開所式にて テープカットの様子

開所式にて 現地生産一号機を囲んで集合写真

北米油圧ショベル新工場 建屋

以上

*記載されている情報は発表時のもので、予告なしに変更される場合があります。