ユーザーレポート

東急JVによる東京メトロ銀座線渋谷駅の移設工事で稼働するマスターテック7070G。この日は仮設線路用の6.2tある工事桁を、高架上へ引き上げる作業に従事していた

2018.04.02 公開 03
力強いデザインのクレーンで
現場〈渋谷〉から
日本の技術力を世界へ!
マスターテック7070G(7070G -2)

コベルコ製クレーン1台を携えて創業

代表取締役 横山良一さん

泰成重機は、代表取締役の横山良一さんが、コベルコ製クレーン1台を購入して創業した。横山さんの長女で、専務取締役を務める横山理恵さんは、「創業当時、父はクレーンとともに地方の現場へも赴き、母も配送業で経営を支えるなど、子どもの頃から額に汗して働く両親の姿を見て育ちました」と、当時を振り返る。

こうした苦労や努力が結実し、今ではゼネコンによる建設工事を中心に手がけるほどの企業へと成長。保有するクレーンも34台にまで増加した。創業時から慣れ親しんだコベルコ製クレーンを継続的に購入しており、保有機の8割はコベルコ製。横山さんのクレーンに関する知識と経験の豊富さから、コベルコの開発部門からしばしば提言を求められ、勉強会を開くこともあるという。

再開発が急ピッチで進む渋谷駅一帯の稼働現場。

JR、私鉄、地下鉄の6駅8路線が集中する巨大なターミナルで、列車運行を止めずに工事を進めるのは、世界的に見ても極めて高度なプロジェクトだという

緊張感のある現場で光る泰成品質の確かな技術力

2017年現在、東京の渋谷駅一帯では大規模な再開発事業が進行中。そのなかで泰成重機が担っているのが、東京メトロ銀座線渋谷駅の移設工事だ。

現状、建物の3階にある東京メトロ銀座線のホームを、東に130m、フロアは2階へと移設する。また、線路の両側に2つのホームがある方式から、ホームを中心に線路が両側に通る島式型へと変更する計画だ。

しかし、銀座線渋谷駅は利用客が1日平均22万人という規模。ゆえに地下鉄を運休しての工事はできない。取締役の横山大さんは、「作業ができる時間は、終電後の深夜から始発前までに限られます。ミスがあれば何万人もの足に影響するので、緊張感を持って取り組んでいる」と、現場の難しさを語る。

現場では、コベルコのマスターテック7070Gが1台と、マスターテック7090Gが2台稼働。おもに、工事桁や銀座線のレールを運んでいる。マスターテック7070Gのオペレータの平山久美さんは、「現場周辺は歩行者や車が非常に多いので、通常の現場より神経質になる」と語る。

さらに、作業構台の重量制限の関係で、クレーンのカウンタウエイトを減らしていることも、作業を難しくしている。「通常より機体が軽い分、ブームの傾きや操作には注意して作業しています」(平山さん)

日本的なモチーフを組み合わせてデザインしたマスターテック7070G。筆文字の「JAPAN」は、書道家・龍玄氏の手によるもの
泰成重機は、千葉県野田市に同社機材センターを保有している(同社スタッフ。マスターテック7070Gの前にて)
マスターテック7070Gのオペレータ、平山久美さん。泰成重機では男女問わずに門戸を開き、オペレータを育成。平山さん以外の女性オペレータも活躍中だ

目に留まるラッピングで建設業の魅力をPR

専務取締役 横山理恵さん

泰成重機のマスターテック7070Gには、個性的なデザインが施されている。富士山、日の丸、侍、浮世絵風の波に、「JAPAN」の筆文字ーー。
このデザインについて理恵さんは、こう説明する。
「社長には以前から、『建設現場のイメージをポジティブにしたい』という熱く深い想いがありました。そんななかで渋谷の現場を手がけることに。そこで、明治維新をモチーフにした人目を引くデザインのクレーンを稼働させ、日本の若者に建設業の『すばらしさ』『たくましさ』『かっこよさ』を伝えて発信することを着想しました」

渋谷には外国人観光客も多く、このクレーンには日本の優れた建設技術を世界にPRすると同時に、インバウンドに貢献する狙いもある。実際、渋谷の空にそびえるクレーンを撮影した写真はSNS上でも好評で、新たなデザイン機も検討中だという。

渋谷の現場からは、泰成重機の高いクレーン技術とともに、「建設業のイメージを変える」という熱い想いも感じられた。

USER’S PROFILE

有限会社泰成重機
  • 埼玉県川口市戸塚東2-12-6-102
  • 048-295-7290
  • 創業:1983年
  • 事業内容:クローラクレーンのオペレータ付き賃貸(リース)業
  • 従業員数:36名

今回、泰成重機のロゴを手がけた書道家の龍玄氏

有限会社泰成重機は、埼玉県川口市に1983年に本社を構え創業。現在はオペレータ付きのクレーンリース業を中心に事業を展開している。今回は、東京・渋谷駅前の再開発工事現場を訪問。そこで稼働するマスターテック7070Gの活躍と、機械に込められた同社の想いをリポートする。