IoTソリューション

誰でも働ける現場へ
KOBELCO IoT

労働人口の減少や次世代を担う若手の育成、そして現場の安全対策。
いま、現場が抱えるさまざまな問題を解決するために生まれたのがコベルコ建機のIoTソリューションです。
最先端のテクノロジーで、作業者一人ひとりの働き方に革命を起こし、働く人を選ばない次世代の現場を、ともに作ります。

マシンガイダンス & 
コントロールシステム 
「ホルナビ」

ディスプレイの表示とアラームにより、ショベルの作業をナビゲートするガイダンスシステム「ホルナビ」。カーナビのような感覚で導入しやすい2Dガイダンスシステムと、GNSS(GPSなどの衛星を用いた測位システムの総称)を使用して3次元で建機の位置や向きを常に測定し、設計データと照合しながらより高精度な作業ができる3Dガイダンスシステムがあります。
さらに、アームレバー操作だけで設計面に沿った施工や、設計面を傷付けることなく施工することができる3Dマシンコントロール「ホルナビ+PLUS」も加わり、現場の用途に合わせたICT施工で生産性の向上をサポートします。

Pick up:ICT施工が現場を変える。はじめるなら、ホルナビ。

コベルコ建機独自の予防保全システム「Kスキャン」

水温や油温、燃料噴射量やポンプ出力などの数値をセンサで日々検知し、そのデータをもとに状態観察を行います。数値が一定のレベルに達した場合には、適切な対応の提案をします。また、サービスマンがメンテナンス時に、ハイアイドル状態の静止した機械で健康診断を実施。状態観察に加えて、さらにきめ細かい分析で日常では気づきにくい予兆を検知することで故障を未然に防ぎ、ショベルの安定稼働を支えます。

※機械の稼働位置、電波状況によっては利用できないサービスがあります。

稼働機管理システム 
「MERiT」&「KCROSS」

GPSなどの通信網を使い、機械から発信される稼働状況や位置情報、メンテナンス情報など、インターネットによりオフィスにいながらリアルタイムで所有するショベルを管理できるシステム「MERiT」。そして、クレーンでも同様の機能を持つ稼働機管理システムが「KCROSS」です。お客さまが保有される機械の稼働率向上や業務効率化に役立つのはもちろんのこと、アフターサービスのご提案や予防保全にも活用しています。

※機械の稼働位置、電波状況によっては利用できないサービスがあります。

稼働機管理システム